メニュー

大切なのはゲストを想う気持ち仕事の内容が変わってもそれは同じ 木下 瑞枝 ケアマネジャー

Contents

ホームヘルパーとして介護業界に入り、これまでに10年以上のキャリアを持つ木下。
現在は、ケアマネジャーとして介護保険に関する業務に従事。介護業界での転機は、ホームヘルパーの介護実習での体験がきっかけとなり、介護の在り方を考えるようになったようです。

ここなら理想の介護ができる
最初はケアアテンダントとして入社

介護業界で働き始めたのは、母が介護業界で働いていて、「手伝ってほしい」と言われたことがきっかけでした。当時、私は結婚して子どもがまだ小さくて家にいたため、母に声をかけられたのです。それが約10年前ですね。その後、ホームヘルパーとして家事援助が中心の支援に約5年携わっていました。

オリックス・リビングに興味を持ったのは、ゲストを尊重した1対1のケアを行っているという話を聞いて。ホームヘルパーの実習で体験したある施設では、起床や食事、おむつ交換などがスケジュールによって決められていて、入居者のペースや意思に関係なく、時間によって作業が行われていくという流れでした。そのときに自分がとても悲しい気持ちになったのを覚えています。これは、私がやりたかった介護ではないと思ったからです。


しかし、今から約5年前にオリックス・リビングの採用面接を受けて、入居者を「ゲスト」と敬い、介護をサービス業と称える考え方を聞き、「ここだったら思っていた介護ができる」と思い、入社しました。最初はケアアテンダントとして入り、約1年半前からケアマネジャーとして働いています。


ゲスト本位の介護に感銘
スタッフ間の信頼関係も素晴らしい

ここでは大勢のゲストが入居されているため、すべての要望を叶えるのは難しいのですが、少しでも多くのご要望にお応えしようという想いで全スタッフが仕事をしています。最初に感じたのは入社したばかりの頃。レストランがオープンしている時間帯にゲストを食事に誘導するのですが、どうしても起きられない方がいて、「どうしたらよいでしょうか」と先輩に相談しました。すると、先輩はそのときのゲストの状況を何度も確認して、「無理をしていただくのはやめましょう」と、居室に食事を配膳する方法を取りました。この時、「ゲストハウスの都合ではなく、ゲストに合わせればいいのか」とハッとさせられました。洗濯やトイレなど、すべてゲストの状態にあった介護を行っていくという姿勢にとても感銘を受けました。そのためにスタッフが一丸となっている点が素晴らしいと感じました。スタッフ間の「報・連・相」がしっかりしていて、職種に関係なくとても仲が良いのが、この職場の働きやすさに繋がっていると思います。

必要とされる支援の提案ができる
ケアマネジャーになるのが目標

ケアマネジャー 木下のある一日

現在の仕事内容は、ゲストが介護保険を使うにあたって生じる業務が中心です。アセスメントを通じてご要望を伺い、ケアプランを作成。他の介護サービス事業者との連絡や調整などを行いまとめていきます。その後、提案内容のサービスを使ってゲストの生活がどのように変わったのか、今後どのようにしていけばよいのかといったモニタリングを行い、次の提案につなげていきます。グッドタイム リビングのケアマネ業務は、ゲストのところへすぐに出向くことができるので、普段からお部屋を訪問するようにしています。こうしたコミュニケーションが良い提案をする上でも大切になってきます。

ここは他県から移られているゲストも多いので、行政によって手続き方法が異なる場合はその確認が必要になるなど、手続きや調整に関する業務が大変ですね。一方で、提案内容を説明したときに、ゲストやそのご家族さまに真剣に聞いていただき納得していただいたときにやりがいを感じます。

介護支援専門員という資格を取得すればケアマネジャーになれますが、いろいろな経験をしないと本当の意味での正しい提案ができるケアマネジャーにはなれません。大切なのは、今そのゲストに何が一番必要なのかを見極める力。今後10年間は修行のつもりで頑張り、それぞれのゲストに合った提案・調整ができるケアマネジャーになりたいと思っています。



PAGE UP