メニュー

「持ち上げない介護」への取り組み

これが新常識!「ケアスタッフを目指したいけど身体への負担が心配」「ずっと腰痛を抱えながら働いている」そんな貴方へ「まだ持ち上げるんですか?」

当社では、ゲストとケアアテンダントの肉体的・精神的負担を軽減することを目的に「持ち上げない介護」を実践するため、全ゲストハウスへ介護リフトの導入を開始します。

リリース情報はこちらをクリック

介護リフトとは?オリックス・リビングでの取り組みはこちら

【床走行型】【立位型】【浴室専用型】

介護リフトの装置

介護リフトの効果は?

ゲストにとって
抱えられる恐怖感からくる身体の拘縮、移乗の拒否 安心して身体を預けられるので身体がリラックスして表情も明るく!
ケアアテンダントにとって
介護は人の手でするべき?リフトを使うのは面倒?身体への負担がない分“ゆとり”が生まれ、コミュニケーションを取りながら移乗ができます

ケアの質の向上


利用者の声

ゲストの声

ゲストの写真
「足が痛い時でも、リフトを使うと痛くないから安心だわ。スタッフに支えてもらうのは怖いけど、これなら怖くない。気が付いたら、ベッドに横になっている感じです。」
グッドタイム リビング 千葉みなと/駅前通 ご入居 U様
(85歳・女性・要介護5)

ケアアテンダントの声

ケアアテンダントの写真
「リフトを導入した当初は自力で抱えた方が速いのでは?と思いました。しかし、長く働き続けるためには自分の身体を守ることも大切ですし、ゲストへの安全なケアにもつながります。
リフトを使うようになってから、ゲストの表情も豊かになり、見たことのない笑顔も見えて『こんな介護がしたかった』と心から思いました。
リフトは人手で抱えていると気が付けなかった部分もたくさん教えてくれるのです。」
グッドタイム リビング 千葉みなと/駅前通
サブケアアテンダントマネージャー 郡山 由紀



PAGE UP